こんにちは。

米子コンテンツ工場で、工場長をしております、けいとう ようこと申します。

みなさん、先駆けコンテンツメーカーって何?って思いますよね?

先日、米コンメンバーとの打合せで、米コンメンバーの肩書きが欲しいね。という話題で盛り上がりました。
その時に出てきたのが、私たちはクリエイターというよりコンテンツをつくる人になりたい!という想い。

デザインやWebだけじゃないし、ひとづくり、コミュニティづくり、イベントづくりなど…とにかく楽しい、やってみたいと言う事全てにチャレンジしていくメーカーでありたいなと思ったときに、コンテンツメーカーっていいなっていう話になりました。

中身を作るひとたち。

私たちはまだひよっこで、すごい人達みたいに綺麗な物は作れないかもしれないけど、みんなが楽しい、おもしろい!って言ってもらえる企画を考えたりするのは大得意!!

それは中身やストーリーをつくる事好きなメンバーだから。

そこから、生まれた、コンテンツメーカーというコトバ。

それに、それぞれの個性を付けて、○○コンテンツメーカーという肩書きが産まれました。

次に、私のプロフィール、ちょっと紹介しますね。

Photo Gallery

Webクリエイター
デジタルハリウッドSTUDIO米子 マネージャー

桂藤 陽子

Yoko Keito

1979年生まれ

鳥取県に生まれて鳥取県で育った純鳥取県産のWebディレクターです。

高校卒業後に、フリーターとして飲食業、映画館、歯医者、旅館業など接客業を転々としました。

Webデザインをはじめたのは2000年ごろから
スキルは独学で習得。

2006年にWebシステム制作会社にWebデザイナーとして就職。6年間Webデザイナーとして勉強させてもらいました。

2012年に憧れのデジハリが米子に出来る!と知りトレーナーとして転職。同時期、Webデザイナーとして個人事業主で起業。

2014年米子コンテンツ工場をデジハリ卒業生と立ち上げました。

現在、人材育成・Web制作・Webコミュニティ活動・ネイルアーティスト・Webアドバイザーとして新しい事にも挑戦中です。

 

好きなことを信じてやってきた

私は昔からデザイナー憧れていた?いいえ、昔は漫画やゲームが大好きで、そういう事に関係する仕事につけたらいいな〜くらいに思ってました。

高校を卒業したときに、クリエイターになるなら県外に出て、専門学校に行かなくてはなれない!と思っていたんですが、結局行く事も出来ず、夢は夢として20代はバイトに明け暮れていました。

でも、そんな私には、ずっと忘れられない思い出があります。
幼稚園の頃、父と母はいつも仕事で会えなかった幼少時代。話し相手もいない私は、今日あった出来事を、ヘタなイラストと文字で、トイレ新聞といってトイレに貼っていました。

その時に、めったに人を褒めない父が、トイレ新聞がたのしみだ。おもしろい!お前はそういう才能があるんだなと言ったことが何よりも嬉しい褒め言葉でした。

社会人として歩みを始める時、何がやりたいんだろうと考えた時にもパソコンを使える仕事がしたいなと思ったくらいで、
デザイナーという仕事がある事はあまり意識していませんでした。

この頃、インターネットが一般家庭にも普及し始め、興味のある人は、パソコンも持つようになったと思います。

私もカラフルなiMacが出たとき、あまりの可愛さに惚れて、バイトで貯めたお金ですぐにパソコンを買い、Illustratorも入れ、デザインを勉強することに夢中になりました。

仕事の傍らデザインやWebも作ってみたり、お金にならないけど楽しい事、好きな事の為に時間やお金を投資していました。

それが仕事に繋がるとか、お金になるなんて一切考えた事はなくて、楽しくて好きでやってたこと。

でも、それがいつの間にか人に必要とされるようになって、お金になる様になりました。
そして独学で身に付けたスキルでもWebデザイナーとして仕事を得る事ができ、今ではWebデザイナーの育成にも関われるようになったんです。

私は正直まだ自分のデザインなんてまだまだだー!と思ってますし、デザイナーと言えるほどの物が作れているかも自信はありません。
でも、まだ知らない人に自分の知っている事や使い方を教える事は、なんでも教えてあげたいと思っています。

いつのまにかその教えることも好きになり、続けているうちに、昔憧れた学校、デジタルハリウッドSTUDIOの講師として指名されるようになったんです。


この頃から、なんとなく「好きなことや、やりたいことって、ちゃんと発信していけば、誰かが私に必要な情報や場所を持って来てくれる!」と気付きます。

やりたいことや、自分の好きな事って、たいしたスキルもない間は恥ずかしくて人にも言えないって多いんですが、まずは近い友達や家族でいいから、伝えてみて欲しいなと思います。

伝える事で、やりたい気持ちはだんだん具体的になるし、周りの人は応援してくれるようになります。

そうやって誰よりもまずはやってみる!気になったら挑戦してみる!

これが私が先駆けコンテンツメーカーって肩書きにしようと思った理由です。

私が人に呼ばれるときや相談されるとき、

「けいちょなら新しい事知ってるかなと思って」
「けいちょならこれ、やったことありそうじゃない?どうだった?」

という質問が多いんです。それは私が今までやってきた事や気になる事を全部FacebookやTwitterで発信してきたから。

やったことがない事でも、興味ある!とつぶやくだけで、一緒にやってみない?とか今度それを仕事で使ってみたいから、やってくれないかな?と、仕事に繋げつつ、新しい挑戦が出来る様になったんです。

だから、これからも常に人に教えるために、新しい情報にアンテナを張り、やりたい事はなんでも挑戦してみるつもりです!

先駆けコンテンツメーカーの名前に恥じない様に、これからも米子コンテンツ工場のメンバーと得意な所や不得意なところをお互いに補いながら頑張って行きたいと思います。


みなさま、よろしくお願いいたします!

スキル
グラフィックデザイン 50%
スキル
Webデザイン 80%

Recommended Posts